音楽療法で脳を活性

音楽療法とはいったいどんなものなのか、音楽療法の効果を歴史や役割、活用方法などの観点から解説しています。
音楽療法を本格的に学びたい方へ
心も体も疲れやすい現代人にとって、ストレスを和らげてくれるのが音楽療法。今後、ますます重要とされる療法として注目されています。
音楽療法で脳を活性

皆さんは、音楽がお好きでしょうか。人は、たいてい、多くの時間、何かしらの音楽と触れ合っていると言えます。例えば、ドラマやテレビのCM、街などでお店に入ったときなど、たいていは音楽が流れています。また、この歌を聴くと悲しくなる、嬉しくなると思うようなことも多いですし、ギターを弾いていると、楽しいなど、気分によって、今の自分の気分に合った音楽を聞いたり、弾いたりする人も少なくないと思います。

音楽は、波動がリズムとメロディーで出来上がっているものです。脳波やα波なども波動になります。音楽療法とは、その波動を合わせると変化し、気分によって変わる波形を、脳波のパターンを用いて、病気や治療を予防することができるとされている治療法です。その効果について、いくつかをご紹介したいと思います。

左右から入る直接の音波ではなく、その差異であるバイノーラル効果音をキャッチすることを、パイノーラル効果と言います。 右脳と左脳が互いに連携する必要があり、左右で協力しバイノーラル効果音に集中する過程で脳が活性化すると言われています。

また、2年間の臨床実験において、80%の人が癒しを感じると応えている効果があります。それは、サブリミナル効果と呼ばれています。耳に聞こえないナレーションを音楽の中に取り入れ、潜在意識を活性化し、自分自身が望んでいる状態を作ると言われています。

このように、音楽から得る安らぎや癒しなどの力は、とても大きいというころがわかります。みなさんが、もし疲れたと感じ、癒しを求めたい時には、自分にとって安らぐ音楽を聞いて、疲れた心を癒してあげることも、時には必要なのかもしれません。

スポンサード リンク
音楽療法WEBガイド 新着情報

好きな音楽を聴いていると、楽しい気持ちになったり、スッキリした気持ちになったというような経験は誰にでもあると思います。音楽には、不思議な力が秘められています。この力を最大限に利用し心身共に健康に導いていく治療法のことを、音楽療法とよんでいます。また、音楽を聴くだけでなくて楽器を弾いてみたり、歌を歌ってみたりすることなども音楽療法に含まれます。

音楽療法は、最近では、いろいろな医療現場において、取り入られています。そして大変注目されている治療法の1つです。音楽が癒しに使われた歴史は、かなり古くさかのぼります。3000年前のユダヤ王サウルのうつ病を、ダビデという羊飼いの若者が、ハーブの調べで治したことは、現代でも語り継がれているお話なのです。古代ギリシャのアリストテレスは、音楽には身体に溜まった悩みやもやもやを吐き出してスッキリさせる効果があることを発見し、カタルシス効果と名付けていました。

また、中世時代においてはいろいろな面で、キリスト教に強く支配されていた時代です。病気に対する考え方も同様でした。それがルネッサンス期に移行してから画家達による解剖図といった美術と医療、そして坐骨神経痛の患者の患部の上で、フルートを演奏して治癒したというように音楽の総合的な活動が注目され始めます。近代では、音楽療法の主役は、アメリカへと移りました。その当時の大統領のジョージワシントンも音楽療法に興味を示しており軍隊などにも使われ始めました。現代では、医療において、軍隊だけでなくて精神疾患をもつ患者のレクリエーションとして利用されています。

音楽療法関連ニュース