音楽療法の基礎知識

あなたの好きな音楽は、何でしょうか。そして、あなたは、その音楽を聴いて、どんな気分になりますか?好きな音楽を聴いて、楽しい気持ちになったり、スッキリした気持ちになったというような経験は、は誰にでもあると思います。

 

その気持ちの通り、音楽には、不思議な力が秘められています。この力を最大限に利用して、心身共に健康に導いていく治療法のことを、音楽療法と言います。また、音楽を聴くだけでなく、楽器を弾いてみたり、歌を歌ってみたりすることも、音楽療法に含まれます。音楽療法は、最近、いろいろな医療現場において、取り入られており、大変注目されている治療法の1つです。

 

しかし、音楽が癒しに使われた歴史は、かなり古く、3000年前のユダヤ王サウルのうつ病を、ダビデという羊飼いの若者が、ハーブの調べで治したことは、現代でも語り継がれている話です。古代ギリシャのアリストテレスは、音楽には、身体に溜まった悩みやもやもやを吐き出してスッキリさせる効果があり、それをカタルシス効果と名付けていました。

 

また、中世時代は、いろいろな面で、キリスト教に強く支配されていた時代です。病気に対する考え方も同様でした。それが、ルネッサンス期に移ると、画家達による解剖図といった美術と医療、そして坐骨神経痛の患者の患部の上で、フルートを演奏し治癒したなど、音楽の総合的な活動が注目され始めます。

 

そして、近代、音楽療法の主役は、アメリカへと移り、当時の大統領のジョージワシントンも音楽療法に興味を示し、軍隊などにも使われ始めました。現代では、医療において、軍隊だけでなく、精神疾患をもつ患者のレクリエーションとして、楽器を演奏や発声訓練をしたりするなど、うつ病・精神不安定な状態の患者の治療に、積極的に取り入れられています。

 

また、最近では、重度心身障害児の精神発達のための治療方法としても取り入れられているなど、補助的療法として認知されるほど、その注目度は高まっています。日本でも、音楽療法は、心と身体を健康に導くという研究が、20世紀に入ってから進み、現在では、全音連認定の音楽療法士が、たくさん誕生している程、注目されている治療法となりました。

音楽療法とは、大きく2種類に分けることができます。音楽を聴く受容的音楽療法と、演奏をするなどの活動的音楽療法の2種類です。この2種類の音楽療法は、その時の生理的・社会的・心理的な効果を利用して、心身の健康の回復や向上をはかる医療行為に役立っています。

 

音楽量法は、私達が産まれるずっと以前、原始宗教、自然崇拝などの宗教の誕生と、ほぼ同じ時期に誕生したとされています。はじめは儀式や呪術に用いられており、音楽療法を用いて精神を鼓舞したり、他にも、一種のトランス状態を引き起こしたりしていました。

 

また、ユダヤやキリスト教の賛歌にも、音楽は用いられており、これにより、宗教の信仰が深められていました。また、スピリチュアルな豊かさは、現在にも引き継がています。他にも、この時代に、サウルのうつ病を、ダビデが竪琴で治したといった、治療効果の話は、古くからよく知られています。

 

また、有名な第二次世界大戦の最中にも、米国の野戦病院では、音楽療法を利用したと言われています。その効果も大いにあったようで、音楽を流したり、演奏したりした野戦病院では、兵士の治癒が早まったと、米国を中心にその治療効果が立証されました。

 

そういった歴史を経て、現在では、高齢者や引きこもりのケアの現場など、各地において、活発に利用されるようになってきました。

 

他にも、岐阜県音楽療法研究所をはじめ、音楽療法の研修、研究機関を設ける大学や自治体も増えてきています。また、現在では、日本音楽療法学会認定の音楽療法士という資格が主流になっていますが、他にも、公的機関の認定ですが、奈良市、岐阜県、兵庫県等において、その土地県認定の音楽療法士の資格なども認められるようになってきているそうです。

音楽療法とは、最近、日本でも、医療の現場などにも取り入れ始めた療法です。人々の生活の中で、必要とされている音楽を利用して、痴呆症や障害を持った子供達の症状の悪化を防いだり、改善していくという心理療法です。

 

ホスピス・ケアの生活の中では、音楽の意味するところは大きく、生活に、非常に大きな影響があると考えられます。皆さんには、これまで生きたきた人生の中で、楽しかったことや、嬉しかったことの中で、それぞれに思い出す音やメロディーがあると思います。

 

ホスピスに居る患者さん達も、同じです。思い出の音や、メロディーがあります。それを、生命の危機的状態にある中で思い出すことは、旅立ちの時に、大きな癒しになるだろうとされています。

 

しかし、現在の日本で、末期がんの患者さんの現場は、非常に短い時間に限られています。その中で、音楽を通してケアするということは、患者さんが望むタイミングで、音楽療法が提供でき、その療法をまた患者さんが受けてくれるかそうかなども問題になってきます。ホスピスを利用されている、がん患者さんは、平均在院日数が、一ヶ月前後です。そして、入院患者さんの半分以上は、一ヶ月以内の入院で死亡退院してしまいます。

 

従って、ホスピスだけではなく、緩和ケア病棟での音楽療法として、患者さんの治療に関わる期間は、わずか2〜3週間ですが、通常1〜2週間に一度の療法では、実際に患者さんとかかわれる回数は、1〜2回程度になってしまい、これでは十分な療法を提供する事は難しいとされています。

 

ホスピスケアにおける音楽療法を始める場合には、まず、フルタイムで音楽療法を提供する人材が確保できるかどうかが、大きな問題です。また、人材が確保出来たとしても、音楽療法が可能な日に、患者さんがそれを望んでくれなければ、全く意味がないのです。

音楽療法には、様々な効果があると言われています。実際には、どのような患者に、どういった効果があったのかについて、岐阜県音楽療法士(略称GMT)の報告の事例を、いくつか見てみたいと思います。

 

事故の後遺症があった身体障害者の男性は、ギターを使ったセッションで、爪を弾く指に、力が出てきたという効果があったそうです。他にも、鼻と口の両方から漏れていた息が、ホイッスルでリズムを刻む練習をすることで、コントロールできるようになり、言葉が明瞭化する、いつも怒りっぽい人が、活動中とその後は、穏やかになった、あるいは、あらゆることを拒否していた人が、音楽で揺らされることを好み、その後、人と手をつなぐことができたなど、数多くの音楽療法の効果が証明された事例が報告されています。

 

活動の様子から研究すると、音楽療法の対象者の性格や、人との関係のとり方が、明らかになってきました。また、人の生き方に、様々ないきさつがあり、さらに、環境にも原因があると考えられています。

 

自分にはできないと決めていた楽器演奏に対して、音が出てうれしいと思うと同時に、また叩いてみたいという意欲が出てきたり、音楽が嫌いと言っていた人が、ボンゴの音に「おー」という歓声をあげ、そして、引き続き、謡の一節を朗々と歌い出すというようなこともあったそうです。人前で歌を歌い、拍手を受けたといった、まんざら悪くない体験は、交流を促進するという意味で、大きな精神的支えとなったことが、継続的な活動から明らかになったと考えられています。

 

ふだんはあまり目立たない、おとなしい児童が、音楽の活動をしてみると、母親を始め、周囲が驚くような、さまざまな能力を表し、才能があることがわかり、その子に対する療育の姿勢が大きく変わっていったということも報告されています。

 

家庭で、小さい頃から、たくさんの音楽や絵本に囲まれて育った精神発達障害児は、本人の意思を表す表現は少ないかわりに、好みの音楽や楽器を利用した活動の中で、本人から周りの人へのサインが増えると言ってよいでしょう。音楽があることで、障害児と母親のスキンシップに積極性が増すということも言えるのではないでしょうか。

皆さんが、日々、何気なく耳にしたり聴いたりしている音楽ですが、音楽を聴いて、楽しい気持ちになったり、癒されたりすることはないでしょうか。音楽には、皆さんが想像する以上に、大きな力があると言われています。音楽の力とは、生理的、心理的、社会的な影響力があると言われています。生理的には、身体的に変化をもたらし、心理的には、感情と記憶を刺激し、社会的には、人間同士の交流のきっかけを作ってくれます。

 

活用法は、皆さんがいつもやっている通り、音楽を聴いたり、歌ったり、楽器を鳴らしたりする、そして、リズムにのって動いたり、または、作曲も効果的とされています。このように、音楽を聴くことを、受動的音楽療法、また、歌ったり、楽器を演奏したり、動いたり、作曲などを行なうことを、能動的音楽療法と呼んでいます。

 

基本的体験は、受動的音楽療法は、痴呆症やダウン症といった、すべての障害のタイプの利用者に応用することができます。また、能動的音楽療法も、楽器習得は自己規律、自己能力への信頼、人の内的な状態が忠実に出たりすることを、体験することが可能であると考えられています。それでは、具体的には、どういった効果が期待できるのでしょうか。

 

例えば、アー、ガーという声しか発していなかった、11歳のダウン症の男の子に、約二年間にわたり、30分の個人セッションと、クワイヤーホーンという楽器を鳴らすことで、その音で擬音を表すということを行ないました。その結果、徐々に、発音や言葉だけではなく、歌詞つきの歌も歌えるようになり、太鼓を鳴らしながら歌うことが出来るまでになり、多くの人を驚かせました。

 

また、60歳代半の男性が、脳梗塞により四肢麻痺なり、意思疎通はアイコンタクトのみになってしまいました。何か楽しめることはないかと考え、かつて彼が好きだった曲を、キーボードで弾きはじめ、レパートリーを広げるうちに、好みの歌手のときには真剣な表情を示したり、フィンガーシンバルで音が出ると、本人が喜ぶといった表情を見てもわかる程の変化を示すようになったという事例も報告されています。

 

このように、音楽療法は、実に効果がある療法と言えます。現在では、徐々にですが、日本の医療現場にもm取り入れられるようになってきています。

音楽療法という言葉を、耳にされたことがあるでしょうか。人間の生活には、常に音楽が回りにあり、勇気づけられたり、癒されたりするということが、よくあるものです。音楽療法は、この作用を積極的に利用して、身体に生じる、様々な疾病の治療や、障害の改善に役立てることに効果があるとされています。

 

その効果は、一般の病気に多いような、風邪を改善したり、病気が治るなどの即効性の効果があるとは決して言えません。しかし、障害を抱えた人に、音楽療法で、障害を改善したり、回復、生活の質を向上させるなどの効果が期待できるのです。

 

また、音楽療法は、リラクゼーション効果を狙った、ヒーリングミュージックやレクレーションとは違い、それぞれの患者の、その時々に必要な音楽を提供し、音楽によるコミニュケーションを図ることも可能なのです。そして、その場限りの効果のレクリエーションとは違い、治療経過を踏まえて、治療目標が設定されているので、継続的に行われるものです。それでは、音楽療法とは、どんな人に、良い効果があるのでしょうか。

 

健常者に効果があることは、よく言われていますが、痴呆やアルツハイマーを含む、高齢者や自閉症、ADHD・ダウン症等の、発達障害、統合失調症、神経症等の神経障害他にも、言語障害や肢体不自由などの機能障害まで、実に幅広い層の症状に、効果があるとされています。

 

もちろん、音楽経験が有るか無いかは重要ではありません。音楽療法は、病院の中での代替医療として、大きな可能性を持っています。高齢者施設や児童福祉施設等だけではなく、医療の現場において、様々な疾病のリハビリテーションや、終末期医療の中で、心のケアなどの効果も期待されているのです。

TOPへ