音楽療法の歴史

音楽療法とは、大きく2種類に分けることができます。音楽を聴く受容的音楽療法と、演奏をするなどの活動的音楽療法の2種類です。この2種類の音楽療法は、その時の生理的・社会的・心理的な効果を利用して、心身の健康の回復や向上をはかる医療行為に役立っています。

 

音楽量法は、私達が産まれるずっと以前、原始宗教、自然崇拝などの宗教の誕生と、ほぼ同じ時期に誕生したとされています。はじめは儀式や呪術に用いられており、音楽療法を用いて精神を鼓舞したり、他にも、一種のトランス状態を引き起こしたりしていました。

 

また、ユダヤやキリスト教の賛歌にも、音楽は用いられており、これにより、宗教の信仰が深められていました。また、スピリチュアルな豊かさは、現在にも引き継がています。他にも、この時代に、サウルのうつ病を、ダビデが竪琴で治したといった、治療効果の話は、古くからよく知られています。

 

また、有名な第二次世界大戦の最中にも、米国の野戦病院では、音楽療法を利用したと言われています。その効果も大いにあったようで、音楽を流したり、演奏したりした野戦病院では、兵士の治癒が早まったと、米国を中心にその治療効果が立証されました。

 

そういった歴史を経て、現在では、高齢者や引きこもりのケアの現場など、各地において、活発に利用されるようになってきました。

 

他にも、岐阜県音楽療法研究所をはじめ、音楽療法の研修、研究機関を設ける大学や自治体も増えてきています。また、現在では、日本音楽療法学会認定の音楽療法士という資格が主流になっていますが、他にも、公的機関の認定ですが、奈良市、岐阜県、兵庫県等において、その土地県認定の音楽療法士の資格なども認められるようになってきているそうです。

TOPへ