音楽療法の効果

音楽療法には、様々な効果があると言われています。実際には、どのような患者に、どういった効果があったのかについて、岐阜県音楽療法士(略称GMT)の報告の事例を、いくつか見てみたいと思います。

 

事故の後遺症があった身体障害者の男性は、ギターを使ったセッションで、爪を弾く指に、力が出てきたという効果があったそうです。他にも、鼻と口の両方から漏れていた息が、ホイッスルでリズムを刻む練習をすることで、コントロールできるようになり、言葉が明瞭化する、いつも怒りっぽい人が、活動中とその後は、穏やかになった、あるいは、あらゆることを拒否していた人が、音楽で揺らされることを好み、その後、人と手をつなぐことができたなど、数多くの音楽療法の効果が証明された事例が報告されています。

 

活動の様子から研究すると、音楽療法の対象者の性格や、人との関係のとり方が、明らかになってきました。また、人の生き方に、様々ないきさつがあり、さらに、環境にも原因があると考えられています。

 

自分にはできないと決めていた楽器演奏に対して、音が出てうれしいと思うと同時に、また叩いてみたいという意欲が出てきたり、音楽が嫌いと言っていた人が、ボンゴの音に「おー」という歓声をあげ、そして、引き続き、謡の一節を朗々と歌い出すというようなこともあったそうです。人前で歌を歌い、拍手を受けたといった、まんざら悪くない体験は、交流を促進するという意味で、大きな精神的支えとなったことが、継続的な活動から明らかになったと考えられています。

 

ふだんはあまり目立たない、おとなしい児童が、音楽の活動をしてみると、母親を始め、周囲が驚くような、さまざまな能力を表し、才能があることがわかり、その子に対する療育の姿勢が大きく変わっていったということも報告されています。

 

家庭で、小さい頃から、たくさんの音楽や絵本に囲まれて育った精神発達障害児は、本人の意思を表す表現は少ないかわりに、好みの音楽や楽器を利用した活動の中で、本人から周りの人へのサインが増えると言ってよいでしょう。音楽があることで、障害児と母親のスキンシップに積極性が増すということも言えるのではないでしょうか。

TOPへ