音楽療法の活用

皆さんが、日々、何気なく耳にしたり聴いたりしている音楽ですが、音楽を聴いて、楽しい気持ちになったり、癒されたりすることはないでしょうか。音楽には、皆さんが想像する以上に、大きな力があると言われています。音楽の力とは、生理的、心理的、社会的な影響力があると言われています。生理的には、身体的に変化をもたらし、心理的には、感情と記憶を刺激し、社会的には、人間同士の交流のきっかけを作ってくれます。

 

活用法は、皆さんがいつもやっている通り、音楽を聴いたり、歌ったり、楽器を鳴らしたりする、そして、リズムにのって動いたり、または、作曲も効果的とされています。このように、音楽を聴くことを、受動的音楽療法、また、歌ったり、楽器を演奏したり、動いたり、作曲などを行なうことを、能動的音楽療法と呼んでいます。

 

基本的体験は、受動的音楽療法は、痴呆症やダウン症といった、すべての障害のタイプの利用者に応用することができます。また、能動的音楽療法も、楽器習得は自己規律、自己能力への信頼、人の内的な状態が忠実に出たりすることを、体験することが可能であると考えられています。それでは、具体的には、どういった効果が期待できるのでしょうか。

 

例えば、アー、ガーという声しか発していなかった、11歳のダウン症の男の子に、約二年間にわたり、30分の個人セッションと、クワイヤーホーンという楽器を鳴らすことで、その音で擬音を表すということを行ないました。その結果、徐々に、発音や言葉だけではなく、歌詞つきの歌も歌えるようになり、太鼓を鳴らしながら歌うことが出来るまでになり、多くの人を驚かせました。

 

また、60歳代半の男性が、脳梗塞により四肢麻痺なり、意思疎通はアイコンタクトのみになってしまいました。何か楽しめることはないかと考え、かつて彼が好きだった曲を、キーボードで弾きはじめ、レパートリーを広げるうちに、好みの歌手のときには真剣な表情を示したり、フィンガーシンバルで音が出ると、本人が喜ぶといった表情を見てもわかる程の変化を示すようになったという事例も報告されています。

 

このように、音楽療法は、実に効果がある療法と言えます。現在では、徐々にですが、日本の医療現場にもm取り入れられるようになってきています。

TOPへ