音楽療法Q&A

音楽療法という言葉を、耳にされたことがあるでしょうか。人間の生活には、常に音楽が回りにあり、勇気づけられたり、癒されたりするということが、よくあるものです。音楽療法は、この作用を積極的に利用して、身体に生じる、様々な疾病の治療や、障害の改善に役立てることに効果があるとされています。

 

その効果は、一般の病気に多いような、風邪を改善したり、病気が治るなどの即効性の効果があるとは決して言えません。しかし、障害を抱えた人に、音楽療法で、障害を改善したり、回復、生活の質を向上させるなどの効果が期待できるのです。

 

また、音楽療法は、リラクゼーション効果を狙った、ヒーリングミュージックやレクレーションとは違い、それぞれの患者の、その時々に必要な音楽を提供し、音楽によるコミニュケーションを図ることも可能なのです。そして、その場限りの効果のレクリエーションとは違い、治療経過を踏まえて、治療目標が設定されているので、継続的に行われるものです。それでは、音楽療法とは、どんな人に、良い効果があるのでしょうか。

 

健常者に効果があることは、よく言われていますが、痴呆やアルツハイマーを含む、高齢者や自閉症、ADHD・ダウン症等の、発達障害、統合失調症、神経症等の神経障害他にも、言語障害や肢体不自由などの機能障害まで、実に幅広い層の症状に、効果があるとされています。

 

もちろん、音楽経験が有るか無いかは重要ではありません。音楽療法は、病院の中での代替医療として、大きな可能性を持っています。高齢者施設や児童福祉施設等だけではなく、医療の現場において、様々な疾病のリハビリテーションや、終末期医療の中で、心のケアなどの効果も期待されているのです。

TOPへ