音楽療法と心理学

音楽療法とは、音楽の生体に対する、生理的作用の研究に引き続き、心理的作用の研究も、同時に行われてきた治療法です。しかし、生理学的な見地から、音楽に対する情緒反応を予測したり、一般化することは、まだまだ難しいと言えるようです。心理学的なものさしで得られた結果などは、理論的な基盤が弱く、厳密さと一貫性が十分ではないと考えられてしまいます。

 

定音楽鎮静的音楽とリラックスを目的として、被験者によって選択された好みの音楽を短時間聴取してみると、活気以外の各因子で、明らかに一時的な情動変化が認められました。その変化は、ジャンルやテンポが様々であったにもかかわらず、比較的一貫していました。また、その変化は、不安を和らげ、抑うつ作用や、他にも、敵意を鎮め、疲労を軽減させ、混乱を少なくするなどの効果がありまた。好みの音楽の場合に限り、活気を増すなどの作用も確認されています。

 

従来、音楽には、人間をホメオスタシスに向かわせる効果と、リラクセーションに導く効果があると考えられていました。この結果は、音楽の聴取が、個人に自覚可能な情動面での変化をもたらし、また感情のレベルが高すぎる人は低下させ、逆に感情レベルが低すぎる人には、上昇させるように働くと考えられています。そして、今度は、健康な学生に、6種類の音楽を聞かせてみたところ、緊張、抑うつ、怒りの尺度が、ダンス音楽が持っている強い陽性効果などが、報告されました。

 

持病を有する対象者に対する報告もあり、精神科入院患者に音楽療法を行い、半年の経過を評価した結果、統計学的に、思考力や集中力の改善や、混乱の尺度の減弱が認められたそうです。また、癌患者に、10週間、能動的音楽と受動的音楽セッションを行って評価したところ、どちらも気分の改善が認められたそうです。、

 

2種類のセッション間には、差異はなかったといわれています。他にも、脳卒中後遺症などの神経系の患者で、音楽療法の前後で適用すると、不安、活気、敵意の尺度の改善が確認されたという報告もあります。

TOPへ