音楽療法の講座

音楽によって心が安らいだり、何気なく、頭の中にメロディーが浮かんできたり、カラオケで歌を歌うとスッキリするというようなことが、記憶にあるという方は多いのではないでしょうか。

 

私達人間にとって、音楽は、必要不可欠なものです。音楽は、無意識に、暮らしの中に取り入れられています。それは、実は、自分自身が、いかに音楽に助けられてきたのかを、心の奥底では知っているからだと思います。この音楽の持つ力を利用して、心身のバランスを取り戻すという方法が、音楽療法です。

 

音楽療法は、専門的に学ぶのではなく、音楽を楽しみながら体験する療法です。例えば、自分自身の現在の状況に合った曲を聴いてみたり、ピアノや、普段使っている楽器などを演奏をしてみたり、リズムに乗って身体を動かしてみたりすることなど、好きな方法で音楽を楽しみながら、心身を共に元気にしていくのが音楽療法です。

 

その効果は、例えば、言語障害などで、言葉によっては上手に表現できないような人は、音楽に共感したり、一緒に歌って演奏したりすることで、コミニュケーションの糸口がつかめることがあるそうです。そして、相手の心の状態や、社会性に気付くという効果が証明されています。

 

現に「あー」などの、単語しか喋れなかったダウン症の男の子が、楽器を使い、その音で擬音などを表しているうちに、発言や、うたを歌うようになったという事実もあったそうです。

 

他にも、皆さんも経験があると思いますが、リラクゼーションの手段としてや、エネルギーの発散とコントロール、そして、アイデンティティの統合、残存機能の維持などにも効果があることが明らかになっています。

 

最近では、効果別に、音楽療法のCDが発売されたり、医療の現場でも、どんどん使われるようになっています。そして、音楽療法に興味を持つ人も、年々、増加しています。みなさんも、ぜひ1度、体験してみてはいかがでしょうか。

TOPへ