欧米での音楽療法

現在、アメリカをはじめ、世界中で、さまざまな現場に音楽療法が取り入れられています。音楽療法は、音楽健康法や音楽レクレーションなど、皆さんが生活の中で聴く音楽を気軽に取り入れる心理療法で、その効果の高さについても、多くの報告がなされています。

 

音楽療法は、その場が楽しいことがまず重要であり、音楽を聴いたり、楽器を演奏したりすることで、健康を改善されながら、ストレスを解消したり気分転換することができる療法です。後に、評価、検討、研究することは含められず、これらは広義の音楽療法と考えられています。

 

また、欧米では、現在の日本とは異なり、療法とは治療を含むものと考えられています。欧米の療法は、狭義の音楽療法と考えられます。例えば、特定の対象者がおり、その個人やグループに対応したプログラムが設定されているように、治療者の治療としての意義が重要となってきます。また実践を始めてしまえば、決して、そのまま放置しておくことは許されません。実践された内容を振り返り、検討することが重要とされているのです。

 

このような治療の中で、ポイントとなるのは、何らかの治療が終わった後で、患者が、どのような点で治療前と比較して良くなったか、それとも、特に変化がなかったのか、逆に悪くなったのかどうかについて、検討するなど、評価を行なううことが必要となります。

 

一般の人にとって、形や数字を伴わない評価は、音楽健康法やリクレーションの意義は大きいといえます。音楽本来の機能の他、役割の観点などからみると、事実的にはとても重要なのです。音楽療法は、皆さんの1番身近にあって、かつ、大変重要な療法であるといえます。

TOPへ