モーツァルト音楽療法

モーツアルトは、天才作曲家として語り継がれています。「シンフォニー(交響曲)」や「コンチェルト(協奏曲)」など、多くのクラッシックを作曲した、世界中で誰もが知っている、偉大な音楽家です。モーツアルトは、会話をしながら、頭の中で作曲を完了したものを、譜面に書いていたそうです。基本的には、言語や会話は左脳で処理され、音楽などは、右脳で処理されていると言われています。そう理解すると、難しいことではないように思ってしまいますが、実際にやってみると、結構大変なものです。モーツアルトは、右脳を使う天才だったのではないでしょうか。

 

そして、最近は、モーツアルト音楽療法が、大変健康に良いと、人気が出ています。モーツアルトの音楽は、実際に脳を刺激し、自律神経を活性化させる効果があるようです。なぜ、そういった効果が現れるのでしょうか。

 

一般に、人の健康を支えている生体機能には、刺激を与える高周波を豊富に含んでいます。高周波音は、せき髄から脳にかけての神経系を効果的に刺激して、その結果、健康を支えている生体機能に、良い影響を及ぼすとされています。そして、いろいろあるクラッシックの中でも、モーツアルトの音楽は、3500ヘルツ以上の高周波を豊富に含んでいると言われており、これがそのような効果の原因と考えられます。

 

また、植物にも、その成長に、モーツアルトの曲が効果的であると言われています。例えば、トマトにモーツアルトの音楽を聞かせると、トマトの発育が早く、甘くなる効果が報告されているそうです。通常の糖度は、4.8%だったのに対して、音楽を聞かせたことによって、2倍以上の、9.3%に糖度がアップしたといわれています。これは、トマトが元気に育つとエネルギーが豊富になり、糖度が高くなったからと考えられています。

 

最近では、痴呆症や高血圧など、それぞれの病気の効果に合ったモーツアルトの音楽療法のCDが発売されており、音楽療法の決定版と言われています。

TOPへ