オルゴール音楽療法

認知症とは、記憶、見当識、理解、計算、学習能力、言語、認識など、脳に障害が起こる病気です。知的機能が慢性進行性に低下することによって、生活上の機能が低下してしまう状態になります。そして、行動異常や、精神変調を伴うことが多々あります。

 

認知症は、初期は、家族には気付かれず、本人が思い出せないという、歯がゆい思いをするところから始まります。そして、家族がおかしいと感じた頃には、本人は、家族が気付いているということを、理解できないくらい、進行していると言われています。

 

そして、本人が一時的に、正常な状態に戻ったとき、家族にすまないないという気持ちを持ちますが、次の瞬間には、また判らなくなってしまうのです。これまでは、こういった認知症は、改善できないとされてきました。

 

しかし、認知症にも、音楽療法は効果的とされています。90歳の男性が、認知症の障害が進み、不眠症で、睡眠薬が投与され、便秘の下剤を飲むほどになってしまったそうです。その時、1日2時間から4時間、オルゴールの音楽療法を始めたところ、身体中が温かくなることから始まり、1ヵ月後には、睡眠薬が要らなくなりました。また、その後、便秘も見事に解消したそうです。

 

また、痴呆症の主な症状といえる、ボケの症状も薄れていき、頭がはっきりしました。また、それだけではなく、難しい熟語や、おつりの計算、昔会っていた友人を思い出したり、1人で散歩からも帰って来るなど、家族が驚くほどの変化があったそうです。

 

このように、通常の治療では、考えられないことですが、認知症だけではなく、アルツハイマー病も、大きく改善されたと事例もあります。もし、認知症で悩んでいる方がいらっしゃったら、オルゴール療法を試してみるのもいいかもしれません。

TOPへ