モーツアルトの音楽療法CD

音楽療法は、人の気持ちを癒したり、他にも、高齢者の痴呆症など、さまざまな病気に効果的と言われています。しかし、音楽療法は、日本では、まだまだ、十分に広まっているとは言えません。音楽療法士の仕事も、ボランティアが中心であり、現状では、人数も少ないとされています。

 

そんな人のために、モーツアルトの音楽療法のCDをおすすめします。モーツアルトの曲は、音楽療法の効果として必要な、高い高周波を出すと言われています。そのモーツアルトの曲を、日本における免疫音楽療法楽の第一人者と言われる、和合治久教授の監修の下、モーツアルトの中でも、効果の高い音楽を選曲したCDが出されたそうです。この音楽療法CDは、患者別に種類が判れているので、どれを聞かせればいいのか、すぐ判るようになっているそうです。

 

 

1、脳神経系疾患の予防

 

聴力や耳鳴りの予防・改善や、味覚異常や視力低下なども、予防効果があります。また、アルツハイマー、パーキンソン病の改善など、老人性痴呆症、パーキンソン病、難聴などに効果があると言われています。

 

 

2、血液循環系疾患の予防

 

高血圧、心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞などの症状、高血圧や、激しい心拍が下がる、だ液がたくさん分泌され胃の活動が高まり便秘が改善されるなどの効果があります。

 

 

3、免疫系疾患の予防

 

免疫物質の分泌が高まり、インフルエンザウイルスなどの病原菌を撃退する力が増します。がんや自己免疫病の因になる活性酸素を、押さえてくれる療法があるので、感染症、膠原病、アトピーなどの予防に効果があると言われています

 

 

また、1枚のCDの中は、1から5までのステージに分かれており、それぞれ「挑戦」、「決意」、「歓喜」といったイメージの名前がつけられています。そして、それぞれのステージで、どのように音楽を聴いたら、より高い効果を得られるかということについて解説されています。また、このCDの効果を、より多く引き出すための秘訣など、医学的見地に基づく和合教授の解説が付いているので、本当に音楽療法に適したCDと言えます。

TOPへ