音楽療法士の資格と仕事

音楽療法とは、音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを活用することで、心身の障害の回復や、機能の維持改善、その他、生活の質の向上、行動の変容などを目的に、音楽を意図的、計画的に使用することを意味します。ただし、単にBGMとして流すというだけではなく、認知症(痴呆症)高齢者、精神障害者、交通事故などによる脳障害後遺症を持つ患者や、脳性まひ、小児まひ、自閉症児・者に対して、音楽を介して、コミュニケーションを図っていく心理療法です。

 

交通事故などによる脳障害などで、脳が機能しているかどうかが不明で、コミュニケーションも全くできない状態の患者に対して、演奏を聴かせたり、歌を歌って聞かせたりするといった音楽療法が行われ、コミニュケーションがはかられます。こうした、音楽を用いたリハビリテーションなどのセラピーを担う専門家が、音楽療法士です。

 

この資格は、日本音楽療法学会が、独自の認定規則により、書類審査と面接試験の二つの試験によって、審査を行って認定している民間の資格です。他にも、音楽療法士養成コースを持つ認定校を卒業すれば、認定音楽療法士補、認定試験合格後から3年間、音楽療法活動の臨床経験を積むと、学会の審査を経て、正式に音楽療法士と認定されるという方法もあります。

 

平成22(2010)年度からは、新しい審査体制に変わるそうです。現在は、「音楽療法士補」を取得しなくても受験が可能ですが、平成23(2011)年度以降からは、必ず、音楽療法士補の資格を取得していないと、審査申請ができなくなってしまう予定だそうです。また、この資格は、5年に一度、更新する必要があります。

 

音楽療法士の資格は、日本音楽療法学会だけでなく、大学や専門学校にも卒業をすると、音楽療法士を認定しているところや、岐阜県、兵庫県などのように、地域限定で認定しているところもいくつかあります。資格取得後の就職先は、精神科病院や一般病院のリハビリテーションセンターを始め、養護学校、小学校、中学校の養護学級などの学校関係や、老人保健施設など、高齢者施設など、活躍の場は幅広くあります。

 

しかし、音楽療法士の認定ができてから、あまり年月はたっておらず、資格の認知度や、音楽療法自体の成果についての認知度もまだ低いため、国家資格ではありません。そのため、現在は、資格認定を受けても、ボランティアが主な活動であり、就職については、今の所、なかなか難しいのが現状です。

 

しかし、音楽という、人々の生活において、身近でなじみやすいものを用いて、セラピーやリハビリを行う音楽療法は、その成果が、多くの人に正当に評価されるようになることで、急速に普及するものと考えられます。

音楽は、私達の生活にとって、必要不可欠なものと考えられています。それは、単なる人間にとっての癒しというだけではなく、医療の現場などでも、充分効果があると考えられている、音楽療法という治療法としても利用されています。

 

音楽療法は、主に医療の現場、特に、高齢者施設、自閉症やダウン症、脳性麻痺などの子供達に、よく利用されており、素晴らしい成果をあげています。老人ホームや病院等では、みんなで楽器を演奏したり、歌ったりすることにより、お年寄りの孤独感や、孤立化を防ぐという効果を発揮しています。

 

痴呆症などの身障者にも、セッションや楽器演奏等を、音楽療法士と共に行うことで、身体の機能の回復や、進行の停止などにも応用されています。セッションなどでは、歌を聴いたり、一緒に歌ったり、リズムに乗って動いたり、楽器を鳴らしたりといったことなどが行なわれているそうです。このようなセッションなどを行うことにより、実際に、大きな効果が現れることも、明らかになっています。

 

そして、私達自身にも、おおいに効果があるとされています。実は、皆さんは、知らず知らずのうちに、音楽療法を体験しているのです。例えば、あなたの生活の中で、好きな音楽や、何故か涙が出てくるという音楽などは、ないでしょうか。また、現在では、リラクゼーションCDなども市販されています。

 

そういった、音楽療法の研究や、専門に仕事をしている人が、音楽療法士です。音楽療法士は、現在はまだ国家資格ではなく、音楽療法学会が認定している資格であり、また地域によってもその地域限定の音楽療法士がいます。

 

まだまだ音楽療法士は、数は少ないですが、さまざまな場面で大きな活躍をしており、今後、ますます医療などの現場に、深く関わってくる存在であるといえそうです。

現在活躍している音楽療法士の仕事は、乳幼児からお年寄りまで、身体や精神に障害を持った方々に対して、一緒に音や音楽を聴いたり、演奏したりすることを通して、利用者の運動機能の回復、獲得、社会適応能力の回復、認知力などを養うことの、手助けするといったことです。音楽療法士は、社会に貢献する、すばらしい職業です。

 

期間を終えたら、経過観察に入るという流れで、患者と共に、施療をすすめているようです。音楽療法士は、音楽をリハビリテーションととらえることが必要です。その音楽の持つ威力や特性を利用して、人の感情に働きかけ、それぞれの障害のに合った心身の療法を、医師や看護師、その他のスタッフと協力して進めていくという仕事です。

 

音楽療法士の職場は、日本では、まだ音楽療法が十分に広まっていないため、福祉関係が多く、病院や知的障害児施設・障害者福祉施設・デイケア・老人福祉施設関係・老人施設・養護学校などが中心です。また他にも、授産施設・児童施設・精神科病院・一般病院・ホスピスなど、音楽療法士の活躍の場は、徐々にですが、広がっているようです。

 

受容的音楽療法は、音楽を聞くことで、利用者の心身の安定や改善をはかるものです。例えば、病院の待合室などで流れているクラシック音楽などは、受容的音楽療法の中に入ります。一方、能動的音楽療法は、患者に合った楽器を演奏させたり、歌を歌わせることなどで、積極的に疾患の改善を促すものとされています。

 

音楽療法士は、これらの手法を、バランスよく組み合わせて、施療を行う仕事です。例えば、午前中などの起きてまもない時は、昨日の仕事などの疲れや、飲み過ぎ・睡眠不足といった気分を解消するために、おだやかな、かつ、暗くはなく、整った楽音配列でむらが無い脳神経の聴覚受容器を刺激してくれる曲がお勧めです。

 

他に、食事を摂る時に、強い緊張が続いたままだと、胃腸に対し負担をになっていまいます。食事中は、ゆったりとくつろげる音楽を聴いて、安心して食べられることが望ましいでしょう。夜は、その日の心理状態に一致する曲を選び、一日のストレスを癒したいと考えるでしょう。

 

音楽療法士は、実践的技術だけでなく、教養や人間性も求められます。音楽療法に関する知識と豊富な臨床経験を身につけ、「歌う」、「聴く」、「演奏する」という音楽の効果を使い、心や体に問題を抱えている人達に対して、人の精神的な部分を治療する専門家です。日本では、まだ、福祉の現場に集中しているという現状であるのに対して、音楽療法の先進国、アメリカやドイツなどでは、有効な治療手段としてすでに広く認められており、活躍の場も様々だそうです。

 

そして、日本では、音楽療法士の仕事場は、やはり福祉関係が多く、病院・老人福祉施設関係をはじめ、知的障害児施設やデイケア・養護学校・障害者福祉施設・授産施設・児童施設など、多くの福祉施設の病棟などで、現在は、活躍しています。

 

福祉関係施設で、認知されている日本の音楽療法ですが、最近では、マタニティミュージックや、ヒーリングミュージックなど、音楽の力が、日本の医療だけではなく、一般の人たちにも影響しているようです。将来的には、音楽療法士の活躍の場は、ずっと広くなることが予想されます。

TOPへ