音楽療法士とは?

音楽療法とは、音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを活用することで、心身の障害の回復や、機能の維持改善、その他、生活の質の向上、行動の変容などを目的に、音楽を意図的、計画的に使用することを意味します。ただし、単にBGMとして流すというだけではなく、認知症(痴呆症)高齢者、精神障害者、交通事故などによる脳障害後遺症を持つ患者や、脳性まひ、小児まひ、自閉症児・者に対して、音楽を介して、コミュニケーションを図っていく心理療法です。

 

交通事故などによる脳障害などで、脳が機能しているかどうかが不明で、コミュニケーションも全くできない状態の患者に対して、演奏を聴かせたり、歌を歌って聞かせたりするといった音楽療法が行われ、コミニュケーションがはかられます。こうした、音楽を用いたリハビリテーションなどのセラピーを担う専門家が、音楽療法士です。

 

この資格は、日本音楽療法学会が、独自の認定規則により、書類審査と面接試験の二つの試験によって、審査を行って認定している民間の資格です。他にも、音楽療法士養成コースを持つ認定校を卒業すれば、認定音楽療法士補、認定試験合格後から3年間、音楽療法活動の臨床経験を積むと、学会の審査を経て、正式に音楽療法士と認定されるという方法もあります。

 

平成22(2010)年度からは、新しい審査体制に変わるそうです。現在は、「音楽療法士補」を取得しなくても受験が可能ですが、平成23(2011)年度以降からは、必ず、音楽療法士補の資格を取得していないと、審査申請ができなくなってしまう予定だそうです。また、この資格は、5年に一度、更新する必要があります。

 

音楽療法士の資格は、日本音楽療法学会だけでなく、大学や専門学校にも卒業をすると、音楽療法士を認定しているところや、岐阜県、兵庫県などのように、地域限定で認定しているところもいくつかあります。資格取得後の就職先は、精神科病院や一般病院のリハビリテーションセンターを始め、養護学校、小学校、中学校の養護学級などの学校関係や、老人保健施設など、高齢者施設など、活躍の場は幅広くあります。

 

しかし、音楽療法士の認定ができてから、あまり年月はたっておらず、資格の認知度や、音楽療法自体の成果についての認知度もまだ低いため、国家資格ではありません。そのため、現在は、資格認定を受けても、ボランティアが主な活動であり、就職については、今の所、なかなか難しいのが現状です。

 

しかし、音楽という、人々の生活において、身近でなじみやすいものを用いて、セラピーやリハビリを行う音楽療法は、その成果が、多くの人に正当に評価されるようになることで、急速に普及するものと考えられます。

TOPへ