音楽療法士の資格

音楽は、私達の生活にとって、必要不可欠なものと考えられています。それは、単なる人間にとっての癒しというだけではなく、医療の現場などでも、充分効果があると考えられている、音楽療法という治療法としても利用されています。

 

音楽療法は、主に医療の現場、特に、高齢者施設、自閉症やダウン症、脳性麻痺などの子供達に、よく利用されており、素晴らしい成果をあげています。老人ホームや病院等では、みんなで楽器を演奏したり、歌ったりすることにより、お年寄りの孤独感や、孤立化を防ぐという効果を発揮しています。

 

痴呆症などの身障者にも、セッションや楽器演奏等を、音楽療法士と共に行うことで、身体の機能の回復や、進行の停止などにも応用されています。セッションなどでは、歌を聴いたり、一緒に歌ったり、リズムに乗って動いたり、楽器を鳴らしたりといったことなどが行なわれているそうです。このようなセッションなどを行うことにより、実際に、大きな効果が現れることも、明らかになっています。

 

そして、私達自身にも、おおいに効果があるとされています。実は、皆さんは、知らず知らずのうちに、音楽療法を体験しているのです。例えば、あなたの生活の中で、好きな音楽や、何故か涙が出てくるという音楽などは、ないでしょうか。また、現在では、リラクゼーションCDなども市販されています。

 

そういった、音楽療法の研究や、専門に仕事をしている人が、音楽療法士です。音楽療法士は、現在はまだ国家資格ではなく、音楽療法学会が認定している資格であり、また地域によってもその地域限定の音楽療法士がいます。

 

まだまだ音楽療法士は、数は少ないですが、さまざまな場面で大きな活躍をしており、今後、ますます医療などの現場に、深く関わってくる存在であるといえそうです。

TOPへ