音楽療法士を目指す

音楽療法という療法が、最近注目を集めています。そして、音楽療法士になりたいという人も、最近では少なくないかもしれません。それでは、音楽療法士には、どういった資質が必要で、どうすれば音楽療法士の資格を取得することが出来るのでしょうか。

 

音楽療法士は、人と関わり合うことが必要で、利用者と援助者との人間関係が必要です。音楽療法は、カウンセラーと同じく、人間を理解し、利用者のエンパワーメントを大切にし、生きる意欲を引き出すことが必要とされる仕事です。

 

また、米国の臨床心理学者、カール・ロジャースは、カウンセラーの一番の資質は、人間関係に対して敏感な人としています。他人の反応に対して鈍感だったり、また、自分の発言が他人にどう影響するかが判らなかったり、自分と他の人の間に存在する友情や敵対心などに鈍感なようなら、カウンセラーには向いていないであろうと発言しています。

 

他にも、分析心理学者の河合隼雄は、カウンセラーと一言でいっても、いろいろなタイプの人がいて、全員が自分の長所を伸ばして活躍していると述べています。そして、そう簡単になれる人、なれない人とは決められないが、カウンセラーになりたいと希望している中で、一番困る人は、自分に問題があるのに、自分の問題は棚に上げ、他人を救おうと考えている人だとしています。

 

自分は健康で、自分は素晴らしい、だから誰か困っている人を助けてあげようという気持ちでは、他人をカウンセリングすることはできないと断言しています。

 

音楽療法士は、現在、国家資格ではなく、多くの人は、ボランティアなどとして、音楽療法の活動を行っているそうです。ボランティアでも、音楽療法に携わる仕事をしたいと思っている人達は、それだけで、音楽療法士の資質があるといえるのかもしれません。

音楽療法は、最近、これを取り入れた治療が行なわれたり、高齢者に、音楽の楽しみや、人との関わりの楽しさなどを教えてくれるものとして、大変注目されている療法です。そして、音楽療法には、3つのスキルが必要であると考えられています。

 

まずは、音楽と療法との関わりや、病気に対する認識・プログラムの立て方・効果測定と評価についてなど、音楽療法を実践する方法の知識とスキルがあります。音楽療法に必要なことは、目的を明確にし、それに応じた、適切な方法を実施することです。また、最後には、次回へつなげるために、結果を見直すことです。

 

そのために、体系立てられた取り組みができる能力が求められます。効果の確認などは、対象者の様子だけを評価するだけではなく、実践した療法の適切性や、また、同時に、音楽療法士本人の、その時間の心理状態等を、自ら把握するということが必要です。

 

また、他人を理解するための知識とスキルも、必要とされます。患者さんに、効果的な音楽療法を実施するためには、他の療法士や施設職員の方々との、相互理解と協力が大変重要です。また、他の音楽療法士の音楽療法の方法の良いところを認め合い、お互いを高めあうことも大切です。

 

他人とは、患者さんだけでなく、家族や患者さんに関わる人、他の療法士、または、ワーカーの方々などを含めて、全体的に理解することが大切です。傾聴する態度や、他人に寄り添う姿勢、行動様式の理解他にも、時代背景の認識が必要だと思われます。

 

最後に、音楽療法を行うのに、最も肝心である、音楽を演奏するための、知識とスキルがあります。楽器演奏スキル、表現力、リズム感など、楽譜の読み書き・多様な音楽ジャンルの知識なども、必要とされます。

 

しかし、決して演奏のプロである必要はありません。音楽をよく知ることが大事です。音楽を演奏するスキルはもちろん必要ですが、音楽療法の目的は、音楽を演奏することではなく、音楽を活用して、人の心をケアすることです。

 

音楽のことをよく理解して、よい療法を行なえるように、必要な工夫をして使うことが、大切な条件です。音楽のジャンルにもこだわらず、患者さんと理解しあうためにも、音楽全般を好きであることが、まず第一条件であるかもしれません。

音楽療法を学びたいという方が、最近では、徐々に増加してきているようです。音楽療法士の資格を取るための学校も増えています。では、そういった学校では、どのようなカリュキュラムが行なわれているのでしょうか。たくさんの学校がありますが、ほとんどの学校では、音楽療法士の資格の他に、ホームヘルパーの資格も取れるというところが多いようです。

 

他にも、学校によって、取れる資格も異なるそうですが、どのようなスケジュールがあるのかについて、ご紹介したいと思います。音楽療法資格取得のスケジュールは、主に2年制の学校が多いようです。

 

1年生のカリュキュラムは、音楽心理学、音楽教育学、ギター 、音楽療法概論、音楽療法基礎、児童音楽療法等の児童に関わる音楽や、精神科音楽療法、高齢者音楽療法、老年医学、歌唱伴奏法、精神医学、心身医学、発達心理学等、障害者や高齢者に関わる音楽や、音楽療法に必要な心理学、 発達心理学などを、学ぶことが出来ます。1年の時は、心理学や音楽心理について学ぶことが多いと思われます。

 

2年生では、日本歌謡史、応用民族音楽学、器楽、三味線、即興演奏、ロールプレイング、集団力動、集団音楽療法、臨床実習、インターンシップ、リハビリ学、精神科障害学、臨床心理学、社会福祉概論、児童障害学、民踊、スピリチュアル・ケアなど、介護と音楽療法のまとめのような勉強をするそうです。

 

他にも、通信講座など、いろいろありますので、勉強したい方は、情報収集をしてから学校を選ぶといいと思います。

音楽療法士とは、音楽を利用して、高齢者施設や養護施設等において、元気の無い人を活き活きとさせたり、気持ちを癒したりするというようなことを実現する療法を専門とする職業です。最近では、音楽療法は、医療やその他さまざまな場面で、日本でも幅広く注目され始めています。そして、音楽療法士になりたいと思っている人も、増えてきていると思います。

 

音楽療法士の資格取得には、日本音楽療法学会の正会員であることと、学会に申請し、審査・面接を受ける必要があります。資格の更新をする時には、

 

 1.音楽療法の知識
 2.講習会・学会への参加
 3.臨床経験
 4.研究発表および症例報告
 5.論文・著書
 6.教育指導経験

 

以上のことについて、一緒に更新します

 

また、資格取得には、他にも方法もあり、それは、大学・短大・専門学校など、音楽療法士養成コースを持っている認定校の卒業生を対象にした、音楽療法士補認定試験を受けることです。これは、2001年度より開始されています。この試験の合格者は、音楽療法の臨床経験を3年を超えた時点で申請すれば、審査を経て、正式に音楽療法士として認定されます。

 

音楽療法士の資格は、1997年から、書類審査による認定を開始し、2001年4月に日本音楽療法学会が発足した後にも、これを受け継ぎ、認定審査に面接も導入して、今日に至っています。しかし、4年後の2011年3月をもって、暫定期間を終了するそうです。

 

その後の資格取得の方法については、認定校で専門教育を受けた会員のみを対象とし、音楽療法士補の認定を取得し臨床経験を満たした後に、音楽療法士認定を行うことになっているそうです。また、5年ごとの資格更新システムをが設定されています。

音楽療法士は、まだ国家資格ではありません。そのため、求人募集も、今はまだ少ないと言っていいでしょう。最近では、音楽療法士の認知度が上がっているのは確かですが、派遣や非常勤としての採用がほとんどで、正社員や常勤の勤務の求人は、まだまだ少ないのが現実です。

 

求人先は、主に、老人保健施設などの高齢者施設や、精神科病院、養護学校、一般病院のリハビリテーションセンター、小学校、中学校の養護学級などです。音楽療法士の学校などに入学すると、介護施設などの勉強なども、音楽療法士と一緒に学ぶことができます。また、資格も一緒に取得できる学校も多くあります。収入面では、ボランティアの求人募集などが多く、音楽療法士として稼ぐということは、現在はなかなか難しいようです。

 

非常勤や派遣として福祉施設でセッションを行うと、1回1500円から1万円ほどの報酬になるとはいわれています。日本では、福祉の現場がほとんどですが、アメリカ、ドイツなどの音楽療法の先進国では、有効な治療手段と認められており、いろいろな場で、活躍が期待されているそうです。

 

しかし、すでに音楽療法を正式に利用している病院もあるほど、音楽療法は、世界各国で関心と理解が広まっている療法です。そして、現代では、ヒーリングミュージックがとても注目を浴びています。ストレスや過労死などが問題になっている現代では、今後、福祉の現場だけでなく、一般企業などからも、音楽療法士を要請が期待できる可能性はあります。音楽療法士になりたいと思っている人は、最初は、ボランティアなどで頑張り、活躍する時のために、経験を積んでおくのも、ひとつの方法かもしれません。

TOPへ