音楽療法士の学校

音楽療法士とは、音楽を利用して、高齢者施設や養護施設等において、元気の無い人を活き活きとさせたり、気持ちを癒したりするというようなことを実現する療法を専門とする職業です。最近では、音楽療法は、医療やその他さまざまな場面で、日本でも幅広く注目され始めています。そして、音楽療法士になりたいと思っている人も、増えてきていると思います。

 

音楽療法士の資格取得には、日本音楽療法学会の正会員であることと、学会に申請し、審査・面接を受ける必要があります。資格の更新をする時には、

 

 1.音楽療法の知識
 2.講習会・学会への参加
 3.臨床経験
 4.研究発表および症例報告
 5.論文・著書
 6.教育指導経験

 

以上のことについて、一緒に更新します

 

また、資格取得には、他にも方法もあり、それは、大学・短大・専門学校など、音楽療法士養成コースを持っている認定校の卒業生を対象にした、音楽療法士補認定試験を受けることです。これは、2001年度より開始されています。この試験の合格者は、音楽療法の臨床経験を3年を超えた時点で申請すれば、審査を経て、正式に音楽療法士として認定されます。

 

音楽療法士の資格は、1997年から、書類審査による認定を開始し、2001年4月に日本音楽療法学会が発足した後にも、これを受け継ぎ、認定審査に面接も導入して、今日に至っています。しかし、4年後の2011年3月をもって、暫定期間を終了するそうです。

 

その後の資格取得の方法については、認定校で専門教育を受けた会員のみを対象とし、音楽療法士補の認定を取得し臨床経験を満たした後に、音楽療法士認定を行うことになっているそうです。また、5年ごとの資格更新システムをが設定されています。

TOPへ