音楽療法の取り組み

兵庫県では、十数年前の阪神・淡路大震災、そして、最近頻発するようになった、青少年の命に関わる事件といった、経験と教訓によって、人間一人一人が、人間らしく生き、いのちの尊厳と生きる喜びを実感し、また、同時に、心身を癒すことができるよう、保健・医療・福祉分野だけでなく、宗教、哲学、文化等、様々な分野を統合し、融合したアプローチで、「ヒューマンケア」の理念に基づく施策を展開しているそうです。

 

兵庫県音楽療法士の養成、及び認定は、音楽療法の実践に係る専門的知識・技能と適性を有する者に与えれるもので、対象者へのアプローチを通じ、ヒューマンケアの実践を目的として、平成11年度から開始しています。

 

また、平成9年には、音楽療法士の養成・認定に関した検討を開始し、平成11年の8月に音楽療法講座の20時間の「基礎講座」を、12年の7月には、200時間の「専門講座」を開設し、専門講座を修了して、所定の実践経験を積んだ人を対象に審査を実施しました。そして平成14年2月に、27名が「兵庫県音楽療法士」として、初めて認定されるに至りました。

 

講座は、その後も引き続き実施され、平成15年3月には、新たに45名が、「兵庫県音楽療法士」として認定を受けました。その後、平成14年2月に、兵庫県音楽療法士に認定された27名に対して、2ヶ月後の14年4月に実施した調査結果では、1人当たり、約4施設において活動を実施しており、兵庫県音楽療法士が音楽療法を実施している施設数は、104施設にものぼるとのことでした。

 

施設の種別としては、高齢者施設63施設、障害児施設32施設、また病院(一般、精神、ホスピス)の9施設です。一人あたりの平均実施回数は、月16回で、雇用状況については、27名中、常勤4名、非常勤19名、ボランティア3名、自営1名だそうです。これまでに認定された、兵庫県音楽療法士により構成された「兵庫県音楽療法士会」は、講演会、事例研究発表、勉強会などを通じて、音楽療法の普及や向上を目的とした活動を実施しています。

TOPへ