音楽療法は音楽を楽しむこと

フリースクールを開講した当初から、「音楽」を、活動の1つに組み込むことに決めていました。高校時代からロックバンドを組んでいた僕は、音楽の与える歓びや、生きる力、音楽療法的な効果も、自ら強く実感していました。スクールで最初の「音楽」の時間は、友達のドラマーが講師の担当でした。自由参加ではありましたが、ドラムをやりたいと参加した子供たち全員の顔が、緊張でこわばっていました。

 

皆さんは、自分が学生時代に受けてきた音楽の授業での緊張感を、憶えていらっしゃるでしょうか。緊張してしまうと、先生が何度も「音楽は音を楽しむこと」なんて言っても、何ひとつ楽しくなかったのではないかと思います。

 

そこで、パーカッションの講師と相談し、翌週からは、ドラムの個人レッスン希望者だけの参加としました。参加者はさらに減りましたが、時が経つにつれて、変化が起こってきました。ドラムを習いたい子だけではなく、スクール主催のイベントで演奏に参加したいと希望する子も増えてきたのです。

 

もともとスクールのスタッフや講師だけがバンド演奏をしていましたが、一人が参加すると、その楽しそうな様子を見たせいか、一人また一人と、参加者が増え、ドラム以外にも、様々なパートが増えていきました。現在では、約20人ものスクール生が、バンド活動をしているそうです。

 

不登校生、精神疾患患者、障害者など、それぞれに傷を抱えた子達が、伸び伸びと音楽を楽しみ、百人以上の人たちの前で、堂々と演奏するようにまでなりました。音楽の力は、やっぱり凄いと改めて感じました。音楽は、演奏する人の性格やあらゆる特質を反映しますが、そういう意味でも音楽は面白いものです。最近では、音楽療法が学問的に研究されたりもしているそうです。

 

そういう時に、忘れてはならないことは、音楽は、治療の手段である前に、楽しむためのものであるということです。これは、教育現場における音楽のあり方についても言えることです。音を楽しむという大切なことを忘れずにいれば、音楽療法も、今後ますます発展することでしょう。

TOPへ