音楽療法とリハビリテーション

音楽というものは、人の心と体を癒してくれますよね。そして元気づけてくれて健康にも導いてくれる作用もあります。欧米では、音楽がひとつの治療法としても認識されています。たくさんの音楽療法士が活躍しているのです。音楽療法とは、音楽を聴いたり、楽器をならしてみたり、歌ったりすることによって心や体を適当に刺激してくれます。そして調和させて生活を豊かにしてくれるのです。

 

音楽という存在は、わたしたちの日常生活におおく関わっています。医療や福祉をはじめとしてさまざまな機会のなかで音楽は大きな役割をもっているのです。音楽療法に関する学会には、日本音楽療法学会というものがあり、音楽療法に関する読み物や学術的な論文などもさまざまなものがあります。

 

例えば、運動と音楽、音楽療法とリハビリテーション、栄養と音楽、医療における音楽療法(上)、休養と音楽、音楽療法の現状と展望、内科疾患と音楽療法、医療における音楽療法(中)、高齢者のQOLと音楽療法の導入、医療における音楽療法(下)、癒しの音楽を考える-1、癒しの音楽を考える-2です。

 

他にも高齢者の音楽療法、プライマリ・ケア医療と音楽療法、音楽関係者のエコグラム、音楽は身体で聴く、医学と音楽の融合で刺激、日本人の心を打つ音楽、音楽療法との出会い、音を揺らぎから科学する、代替療法としての音楽療法、音楽療法と音楽健康法、音楽療法とQOLなどがあります。

TOPへ