音楽療法で痴呆症状が改善

音楽療法の効果を検証してみると痴呆症状が改善されるということがわかっています。音楽療法を定期的におこなうことによって効果がかなり期待できるようです。99年に老健の高齢者を対象にして実施された調査によると週に3日、音楽療法をおこなってみたところ、「徘徊」や「睡眠障害」などの症状に悩んでいるお年よりの方、15人のうち14人に改善点が見られたそうです。それでは、なぜ、音楽療法は痴呆に効き目があるのでしょうか。音楽療法のプログラムでは、歌いながらリズムに合わせて手や指を動かします。そして振りつけをしたり、楽器を使ったりする工夫もしています。指先や手首、身体の動きにより脳の神経細胞が刺激されるということになります。

 

また、昼間に音楽療法によってこのようなケアをおこなうことで、乱れたサーカディアンリズムが正しくなっていきます。昼間、眠ってしまいがちなお年よりは、夜になるとなかなか寝付けずに、徘徊をしてしまったりせん妄に陥るケースもあるようです。このような現象は、昼間に活動することによって防ぐことが可能です。サーカディアンリズムとは生体に内在している毎日のリズムのことなのです。

 

痴呆の原因としては、「アルツハイマー」と「脳血管障害」という2つの病気があることがわかっています。けれども実際には、無気力状態から寝たきりとなってしまいだんだんと会話や表情を失っていくという「病因なき痴呆症状」のかたも意外と多いのです。このような方々の場合には音楽療法がよい刺激となりますので痴呆の改善につながりやすいようです。

TOPへ