音楽療法士はどんな資格?

音楽療法士とはどんな資格なのでしょうか。音楽療法士は日本音楽療法学会などによって認定されている民間の資格です。日本音楽療法学会では、独自の認定規則により書類審査と面接試験によって審査を行っています。そして音楽療法士の認定をしているのです。また、音楽療法士養成コースをもっている認定校の卒業者の場合は認定音楽療法士(補)認定試験合格してから3年間のあいだ音楽療法活動の臨床経験を積むと学会の審査を経てから正式に音楽療法士として認定されることになっています。音楽療法士の資格は5年に一度、更新する必要があります。

 

音楽療法士は日本音楽療法学会だけではなくて大学や専門学校にも卒業を要件として音楽療法士を認定している場所もあります。岐阜県や兵庫県などのように自治体として認定しているところもあります。音楽療法士はまだ国家資格ではありません。そして認定が始まってからの歴史も浅いので資格としての認知度も低いです。音楽療法自体の成果についての認知度もあまり高くないようです。

 

そのため、残念ながらこの資格だけでは就職することは難しいようです。まだまだボランティアの域を出ていないといえるでしょう。けれども音楽という身近でなじみやすい素材をつかってセラピーやリハビリを行っている音楽療法は、その成果が正当に評価されるようになっていけば急速に普及していくとことでしょう。いまの時点では、介護福祉士や保育士、教員などの資格に上乗せする形でこの資格を取得すれば対象者に対してより深くて専門性を持ったアプローチができるようになると考えられています。

TOPへ