音楽療法の歴史を紐解く

音楽療法の歴史を紐解いてみると音楽療法というものが確立される以前、ずっと昔の話ですが、エジプトの司祭を兼ねた医者たちは、受精能力に効果があると思われる音楽の魔法を心得ていたそうです。エジプト人は音楽を「魂の薬」と呼んでいたそうですよ。ペルシャ人はリュートの音によって万病を治していたそうです。そして孔子は「音楽は生活の調和に役立つ」と説いていたそうですよ。プラトンは「心身の健康は、音楽によって得られる」という言葉を残しています。

 

アリストテレスは「情緒のカタルシスに音楽が有効である」という言葉を残しています。ピタゴラスは「音楽は、心身の健康上大きな治療的役割をもったものである」というような言葉を残しています。古代では古代ギリシャ人のゼノクラテス、サルペンダー、アリオンは、精神錯乱の激しい発作を抑えるための手段として音楽を用いたそうです。セルススは昔の医学の権威ですが病気の性質に応じて、精神病の患者の心を動かすいくつかの方法を指摘していたそうです。こんなにも昔から音楽というものが重宝されてきたのですね。

 

時代がとんで18世紀以降の話ですが、カルロ・ブロッシ・ファリネリというかたは18世紀最大のカストラーナといわれていました。彼は、当時のスペイン国王であったフェリペ5世の“悪性のメランコリー”を治して王政に復活させたと伝承されています。ブロックレズビー博士は、音楽に富んだ両親の間に生まれた2人の子どもにたいして一連の実験を試みて音楽が子どもの気分を明瞭に支配するのかどうかを観察したという記録があります。まだまだ歴史的にさまざまな方たちが音楽療法に関して関わっているようです。

TOPへ