音楽療法と運動の関係

近年では人間のライフスタイルの変化があげられます。動物は食物を得るために身体を動かしますよね。そして必要以上の獲物を捕らないでわたしたち人間のようにスポーツをしたりしてわざわざカロリーを消費することもありません。哺乳動物のヒトの場合は、身体を動かすことは、生命を維持するために基本的でかつ必要な行動なのです。

 

人の移動手段は基本的には歩行ですが、江戸時代では一般的庶民は1日に2万歩から3万歩もの距離を歩いたとされています。ごくごく最近までは農業や漁業、林業などに従事している人の労働はとても厳しくて工業関係に従事する人においても身体を使った仕事をおもに行っていました。その後のハイテクの進歩によって労働パターンは変化してきました。その結果として生活もとても便利になりました。交通機関の発達によって移動には歩行という労力を使わずに建物の中などもエレベーターやエスカレーターを利用することもほうが多いとおもいます。このようなことからもわかるとおり日本人の運動量や強度、運動時間は激減しています。

 

また日本人の食生活は、欧米化により大きく変革を遂げており食事と運動の変化によって成人病が増加してしまい1990年代半ばには厚生省では「成人病」から「生活習慣病」というように呼称を変えました。生活習慣病を予防するためには運動がかかさないといえますが、運動が苦手という人は継続することが難しいですよね。音楽をつかった運動などをおこなえばモチベーションもあがってくるのではないでしょうか。ウォーキングなどをするときもipodなどを携帯しておこなってみるといつもよりも長い距離を歩けるかもしれませんよ!

TOPへ