東京国際音楽療法専門学院

東京国際音楽療法専門学院は、音楽療法士の通学と通信のコースがあります。東京国際音楽療法専門学院は開校時より学生の育成にあたって学生が音楽療法士として一人前になるためにはどんなこと必要なのかを考えて実践をおこなってきました。これは「実践的音楽療法士」ということになります。つまり「現場に強い音楽療法士」の育成を理念として東京国際音楽療法専門学院の教育方針の屋台骨となるものです。

 

東京国際音楽療法専門学院の通学コースは確かな理論と高度な技術を学ぶことができます。資格を認定獲得するためには最短のコースです。音楽はどのような哲学よりも、そしてどのような知恵よりも、高い啓示である。これはベートーベンの言葉なのですが、音楽が人間に与える深い関わりを教えてくれたのでしょう。音楽療法士の養成は簡単にはいきませんが東京国際音楽療法専門学院は開校から12年目を迎えて充実した体制で挑んでいます。

 

東京国際音楽療法専門学院の特長ですが、まずは「理論」が多岐に渡っていることや「実習」の時間が多く組まれていること、「教授」層が厚くてとても優秀であること、資格認定獲得の最短コースとして、また質の高い養成校としても学院を挙げて努力を続けており、周囲からも高い評価を得ています。

TOPへ